Hotoke Remasteredリリース記念! メンバーが語るHotokeへの想い

 

 

令和元年2月24日 I-DragonがHotokeのRemaster版をリリース。

2020年2月にI-DragonはHotokeのリマスター版を発売しました。

結成3ヶ月でシングル発売、HP開設と、快進撃を続けるI-Dragonのメンバーに今回は、メンバーに制作の裏側を語っていただきます!

 

 

 

 

 

編集者:今日はよろしくお願いします!

 

 

 

一同:よろしくお願いします! 

 

 

 

編集者:早速ですが、今回の「Hotoke Remastered」はHotokeに比べてどのようにパワーアップしましたか?

 

 

 

稲葉:「 HOTOKE remastered 」は、もはや従来のHOTOKEとは別の曲です。コード進行からハモリも加え、一回りも二回りも成長しました。

 

 

 

夷子:それから、前回は全部打ち込み音源しか使っていなかったのですが、今回は全部生演奏、そのせいでたくさんエンジニアさんにご迷惑もおかけしたのですが、、

 

 

 

編集者:今回はメンバー全員の生演奏を聞けるということですね! 初のレコーディング、やはり緊張しましたか?
 
 
 

稲葉:はい。とても緊張しました。初めて会った人に自分の声を聞かれるプレッシャーと、時間が押していたので余裕が無かったからです。
 
 

 
津島:もうとにかく時間がなくて、当初はミックスとマスタリング含めて6時間の予定でしたが、11時間もかかってしまいました。
 
 

 

稲葉:でも延長料金も破格の安さでやっていただいて、頭が上がりません、、
 
 
 

編集者:なるほど。たくさんの人の支えがあって「Hotoke」が完成したのですね!
 
 
 

 

次ページ Hotokeに込められた想いとは、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です